KVMのインストール

作成:2021年01月25日

Debian GNU/Linux 10.7 KVMインストール

Server settings documentation!!

ホストOS:Debian GNU/Linux 10.7
ゲストOS:FreeBSD 12.2-RELEASE r366954 GENERIC amd64 

1)KVMのインストール

# apt -y install qemu-kvm libvirt-daemon libvirt-daemon-system virtinst libosinfo-bin bridge-utils
# lsmod | grep vhost
vhost_net 24576 0
tun 49152 1 vhost_net
vhost 49152 1 vhost_net
tap 28672 1 vhost_net
# echo vhost_net >> /etc/modules
# vi /etc/network/interfaces

# This file describes the network interfaces available on your system
# and how to activate them. For more information, see interfaces(5).
source /etc/network/interfaces.d/*
# The loopback network interface
auto lo
iface lo inet loopback
# The primary network interface
#allow-hotplug enp3s0
#iface enp3s0 inet static
# address 192.168.XXX.XXX/24
# gateway 192.168.XXX.1
# dns-* options are implemented by the resolvconf package, if installed
# dns-nameservers 192.168.XXX.XXX
# dns-search XXXXX.XXX
auto enp3s0
既存インターフェースの設定は以下のように変更する。
iface enp3s0 inet manual
ブリッジインターフェースの設定を追記する。
iface br0 inet static
address 192.168.XXX.XXX
network 192.168.XXX.0
netmask 255.255.XXX.0
broadcast 192.168.XXX.255
gateway 192.168.XXX.1
dns-nameservers 192.168.XXX.XXX
bridge_ports enp3s0
bridge_stp off
auto br0
# ip a

1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default
qlen 1000
link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
inet 127.0.0.1/8 scope host lo
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 ::1/128 scope host
valid_lft forever preferred_lft forever
2: enp3s0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc pfifo_fast master br0
state UP group default qlen 1000
link/ether 1c:69:7a:60:f4:1b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
3: br0: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc noqueue state UP group
default qlen 1000
link/ether 1c:69:7a:60:f4:1b brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
inet 192.168.XXX.XXX/24 brd 192.168.XXX.XXX scope global br0
valid_lft forever preferred_lft forever
inet6 fe80::1e69:7aff:fe60:f41b/64 scope link
valid_lft forever preferred_lft forever

2)仮想マシンゲストOS作成(GUIで作成する)

仮想マシンマネージャーをインストールする。
# apt -y install virt-manager qemu-system
GUIから仮想マシンマネージャーを起動する。
左上のファイル→新しい仮想マシンを選択し、次へ進む。

ステップ1/5でOSのインストール方法を選択する。ここでは「ローカルのインストールメディア(ISO イメージまたは CD-ROMドライブ)を選択する。
次にOSのアーキーテクチャーを選択し、次へ進む。

ステップ2/5でFreeBSD12.2のディスクイメージがあるフォルダを選択する。下のOSの種類はディスクイメージを選択したときOSの種類があるものに対しては自動的に表示されるが、FreeBSD12.2は最新だったので手動で選択する。

FreeBSDと入力すると選択項目が表示されるが当てはまるバージョンがないのでGeneric defaultを選択し、次へ進む。

ステップ3/5 メモリーとCPUの選択項目が表示される。メモリーは2GB(2048)と入力して、CPUは4個まで使えるのでとりあえず2を入力し、次へ進む。

ステップ4/5「この仮想マシンにストレージデバイスを割り当てます」にチェックを入れる。仮想マシン用にディスクイメージを作成するを選択してここでは200GB入力し、次へ進む。

ステップ5/5で名前を「FreeBSD12_2」に変更する。ネットワークの選択を「共有デバイス名を指定」を選択しブリッジ名を「br0」を入力し完了する。

仮想マシン(ゲストOS)の作成が開始される。

仮想マシン作成が完了しメニュー上のランプマークを選択する。以下のような稼働状態が表示される。