UbuntuでUSB - RS232Cを使う

作成:2021年03月25日

UbuntuでUSB - RS232Cを使う

Server settings documentation!!

ホストOS:Ubuntu20.04
ゲストOS:Debian GNU/Linux 10.7

WindowsではUSB-RS232C変換器を付けてルーターを設定する場合、ソフトはTeraTeamが便利で有名だが、Linuxではできないかと探っていたらできるじゃん!みたいな。
それで早速トライしてみた。

1)マウントされてるデバイスを確認する

dmesgコマンドを使って確認するが、結構項目が多いのでここではファイルに落とす。
ファイル名はmmm.txtと命名して落とした。

:~$ dmesg > mmm.txt

viでttyUSB0を探す。

:~$ vi mmm.txt

[547254.055254] usb 1-4.3.2: USB disconnect, device number 55
[547776.960961] usb 1-2: new full-speed USB device number 56 using xhci_hcd
[547777.109701] usb 1-2: New USB device found, idVendor=067b, idProduct=2303, bcdDevice= 3.00
[547777.109718] usb 1-2: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=0
[547777.109736] usb 1-2: Product: USB-Serial Controller
[547777.109741] usb 1-2: Manufacturer: Prolific Technology Inc.
[547777.286796] usbcore: registered new interface driver usbserial_generic
[547777.288194] usbserial: USB Serial support registered for generic
[547777.314548] usbcore: registered new interface driver pl2303
[547777.314913] usbserial: USB Serial support registered for pl2303
[547777.315169] pl2303 1-2:1.0: pl2303 converter detected
[547777.322016] usb 1-2: pl2303 converter now attached to ttyUSB0 ←これ!

[548008.052774] usb 1-4: new high-speed USB device number 57 using xhci_hcd
[548008.201244] usb 1-4: New USB device found, idVendor=214b, idProduct=7250, bcdDevice= 1.00
[548008.201259] usb 1-4: New USB device strings: Mfr=0, Product=1, SerialNumber=0
[548008.201269] usb 1-4: Product: USB2.0 HUB
[548008.203317] hub 1-4:1.0: USB hub found
[548008.203484] hub 1-4:1.0: 4 ports detected
[548008.492778] usb 1-4.3: new full-speed USB device number 58 using xhci_hcd
[548008.596839] usb 1-4.3: New USB device found, idVendor=0b95, idProduct=6804, bcdDevice= 0.12
[548008.596847] usb 1-4.3: New USB device strings: Mfr=1, Product=2, SerialNumber=3
[548008.596852] usb 1-4.3: Product: AX68004
2) cuコマンドを使って別のシリアル通信デバイス接続する

cuをインストールする。

:~$ sudo apt update
:~$ sudo apt install cu
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています                
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
  linux-headers-5.8.0-44-generic linux-hwe-5.8-headers-5.8.0-44 linux-image-5.8.0-44-generic
  linux-modules-5.8.0-44-generic linux-modules-extra-5.8.0-44-generic
これを削除するには 'sudo apt autoremove' を利用してください。
以下のパッケージが新たにインストールされます:
  cu
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
79.7 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 218 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu focal/main amd64 cu amd64 1.07-27build1 [79.7 kB]
79.7 kB を 1秒 で取得しました (57.4 kB/s)          
以前に未選択のパッケージ cu を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 279205 個のファイルとディレクトリがインストールされています
。)
.../cu_1.07-27build1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
cu (1.07-27build1) を展開しています...
cu (1.07-27build1) を設定しています ...
man-db (2.9.1-1) のトリガを処理しています ...

cuでttyUSB0へ接続する。
しかしパーミッションエラーが帰ってきた。

:~$ cu -l ttyUSB0
cu: open (/dev/ttyUSB0): Permission denied
cu: ttyUSB0: Line in use

/dev/ttyUSB0のパーミッションを見てみる。
あちゃー!リードライト不可じゃん!

:~$ ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw---- 1 root dialout 188, 0  3月 25 19:48 /dev/ttyUSB0

アクセスできるようにパーミッション変更!

:~$ sudo chmod o+wr /dev/ttyUSB0

確認してみよう!うんうんOKのようです。

:~$ ls -l /dev/ttyUSB0
crw-rw-rw- 1 root dialout 188, 0  3月 25 19:48 /dev/ttyUSB0

再度ttyUSB0へ接続!ここでは、ヤマハのVPNルーターRTX810へ接続してみる。

:~$ cu -l ttyUSB0
Connected.

Password: 

RTX810 BootROM Ver. 1.00
RTX810 FlashROM Table Ver. 1.00

RTX810 Rev.11.01.34 (Tue Nov 26 18:39:12 2019)
Copyright (c) 1994-2019 Yamaha Corporation. All Rights Reserved.
To display the software copyright statement, use 'show copyright' command.
00:a0:de:ab:66:46, 00:a0:de:ab:66:47
Memory 128Mbytes, 2LAN
> administrator 
Password: 
# show config 
# RTX810 Rev.11.01.34 (Tue Nov 26 18:39:12 2019)
# MAC Address : 00:a0:de:ab:66:46, 00:a0:de:ab:XX:XX
# Memory 128Mbytes, 2LAN
# main:  RTX810 ver=00 serial=S3K086746 MAC-Address=00:a0:de:ab:66:XX MAC-Addre
ss=00:a0:de:ab:66:XX
# Reporting Date: Mar 25 20:30:28 2021
login password *
administrator password *
ip routing on
ip route default gateway 192.168.XXX.XX
ip lan1 address 192.168.XXX.X/24
ip lan2 address 192.168.XXX.X/24
ip lan2 nat descriptor 1
nat descriptor type 1 masquerade
nat descriptor address outer 1 primary
nat descriptor address inner 1 auto
nat descriptor masquerade incoming 1 reject 
telnetd host lan
dhcp service server
dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent
dhcp scope 1 192.168.XXX.XX-192.168.XXX.XXX/24
dns server 192.168.XXX.XXX
dns domain XXXXX.XXX

コンソール接続を切断してOSのコマンドラインに戻るには「~.」を入力します。[~]の後に[.]を打つ。

~[ubuntu-host].
Disconnected.
hoge@ubuntu-host:~$ 

成功しました!

以上